テツのお金Diary

節約投資家テツFIREを目指し米国株を中心に投資しています。テツの生活、考え、参考にしていることをブログにしました。

【悲報】コカ・コーラBJH、900名早期退職実施

 

節約投資家テツです。

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは、早期退職を実施すると発表した。グループの約900人を想定しており、12月末までに退職する。「新型コロナウィルスの影響ではなく、事業構造改革の一環だ」と説明している。


f:id:tetsuinvest:20201006203542j:image

今回のコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは、新型コロナウィルスの影響ではないと発表していますが、今後コロナウィルスによる日本経済へのダメージはかなり大きいと考えられます。これからは、会社の倒産や早期退職などにより職を失う方が増えていく可能性も大きいと思われます。今回は、テツの身の回りに起きた早期退職したAさんの話をします。今後の参考になれば良いです。

早期退職制度とは、従業員が通常よりも早く自主的に退職するための制度です。

現在は終身雇用は崩壊しており、いつ自分の身にこのような事が起こるかわからないので、その時の事を考えておくとよいと思います。

夢と希望をもって早期退職して下さい。


f:id:tetsuinvest:20201006203940j:image

Aさん(男性)独身で50歳代でした。Aさんは高校を卒業後ずっとK社に勤務しており、仕事もまじめで課長まで出世しました。K社は地元ではなかなかの大企業で給料も長く勤めていたこともあり、年収は700~600万はあったのではないかと思います。現在ではなかなか高い給料ですよね。

Aさんは独身であり、長年独り生活でしかもそこそこ貰う給料だったので派手な生活ではなかったがずさんな生活でした。食事は外食やコンビニ弁当、週末は飲みに行き、休日はパチンコといった生活で貯蓄もそんなにないようでした。

地元の大企業とはいえ、不景気の影響を受けました。K社は景気のよいときはボーナスは100万円を越えていたとよく話を聞かされていました。羨ましいですね。

そんなK社も、不景気の影響で利益は伸びずボーナスも半分以下になり、そんな事が数年続き早期退職が募られました。

ボーナスが半分以下になったので、当時家のローンを組んでいた方々は支払いに苦しみ、早期退職し上乗せされた退職金でローンを完済させるため辞めていかれた方も沢山いました。Aさんは、持ち家はなかったが、退職金に目が眩み退職しました。退職金は2000万円を越えていたようです。

早期退職の場合には会社都合による退職になり、雇用保険による失業給付金が自己都合に比べ早く支給され金額も多く期間も長いです。Aさんは職歴がか長かったのもあり、1年近く失業給付金がでました。

最初は、仕事に行かずに自由になれたゆっくり休み同じく退職した仲間と飲みにいったりしていた様です。次の目標もなく、とりあえず再就職しようとするも年齢も50歳代、履歴書を送っただけで返されると日々。(再就職はかなり厳しいです、35歳越えてたら10通履歴書送って1社面接にたどりつけばいい方だとの事)しかも、再就職できそうな所は給料が安いとこばかりだったそうです。

そんなAさん、半分諦め朝からパチンコにいくようになりました。

そして、退職して1~2年の間に、Aさんは退職金と貯蓄の2000万円以上のお金をすべて使い果たしました。

現在はコンビニでバイトをしていますが、月に15万円も稼げていないようで苦しく楽しみのない生活を送っており、「辞めなければよかった。」と後悔していました。

 

このことから、

・目標、スキルがなかった。

・金融リテラシーがなかった。

・節約できなかった。

など問題点か挙げられます。職場で得たスキルは、次の職場で活かせない場合が多いです。

さぁ貴方は、いつから早期退職に備えますか?今すぐですよ。

 

テツは一回目の早期退職があった時に、二回目の早期退職に備えたよ。