テツのお金Diary

節約投資家テツFIREを目指し米国株を中心に投資しています。テツの生活、考え、参考にしていることをブログにしました。

【米国株】VT 世界の株式へ投資


節約投資家テツです。

 

バンガード・トータル・ワールドストックETF【VT】は、これ1本で世界47ヵ国の株式に投資できるETFであり、投資初心者から達人までにもオススメできるETFです。

投資を始めたいけど何を買っていけばよいのかわからなかったり、迷った場合はVT1本だけに投資をするのもよいと思います。


f:id:tetsuinvest:20201117093205j:image

VTは米国、欧州、日本、新興国と全世界の8700銘柄以上の株式に丸ごと投資することができます。投資の基本である積立て投資、分散投資、長期投資にピッタリです。また、分散投資できることから何も考えず思考停止状態で毎月コツコツと積立て投資をするだけで楽に資産運用できるでしょう。

 

VTの地域、国の構成比率

f:id:tetsuinvest:20201117081443p:plain

米国が57.8%と比率が高いくなっています。米国は世界的な大企業があり世界経済を牽引していますが、良い意味でも悪い意味でも米国市場の動向に大きく影響を受けてしまうということになります。

VTは、大型株だけでなく中型~小型株約8700銘柄と分散投資できるのが特徴的です。

VTの基本データ

年間経費率 0.08%

配当利回     2.1%

銘柄数        約8700銘柄

 

S&P500(VOO)とVTの比較

2015~2020年チャートf:id:tetsuinvest:20201117084029j:image

    赤 VOO     青 VT

年間平均リターン

VOO 10.3%

VT     7.2%

worst year

VOO -4.5%

VT    -9.7%

平均リターンでは3%、worst yearでは約5%の差がつけられましたね。VTも平均リターンが7%と悪くはなく、VOOが優秀なだけです。

 

 米国株は手数料最安値DMM株↓

tetsuinvest.com

 

f:id:tetsuinvest:20201117091710j:image

 VTは、銘柄数が約8700銘柄で地域も分散されており特定の国や株式に偏っていないことから長期積立て投資に向いていると考えられます。

このまま米国が経済成長し続けるのか、新興国が米国の経済を上回るような成長をするのかは、誰も未来を的中させることはできません。地域や株式を分散させ投資ができるVTは合理的な投資で、価格約88ドルと無理なく毎月コツコツと積立投資ができますよ。

積立てNISAでは、楽天VTです。

 

・投資は自己責任で