テツのお金Diary

節約投資家テツFIREを目指し米国株を中心に投資しています。テツの生活、考え、参考にしていることをブログにしました。

【米国株】VTI米国の株式ETF

節約投資家テツです。

 

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 【VTI】は、これ1本で米国の株式市場にまるごと投資できる ETFであり、投資初心者の人にもオススメできるETFです。

投資が始めて、または米国株に興味があるけどなにを買えばいいのかわからなかったり、迷った場合はVTIに投資すればよいと思います。

 

f:id:tetsuinvest:20201118002345j:plain

VTIは米国の株式市場にまるごと投資できるETFで、人気のS&P500(VOO)との違いは大型企業から小型企業を含む約3600社の株式に投資できるということです。

S&P500は、大型~中型企業500社へ投資できます。

 

VTI構成銘柄比率上位5社

f:id:tetsuinvest:20201117230939p:plain

上位5社の銘柄は、誰でも知っている企業ですね。しかも、ハイテク系セクターで“GAFAM“(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトの頭文字をとってつけられた。)が米国市場を牽引しているのがわかりますね。

VTIは小型企業にもまるごと投資できるので、次世代のGAFAMになれる可能性の企業にも投資できるということになります。次世代のGAFAMを見つけるのは、なかなか至難の技です。

 

VTIの基本データ

年間経費率  0.03%

配当利回      1.6%

銘柄数           3600銘柄

配当 年4回 3月 6月 9月 12月

 

S&P500(VOO)とVTIの比較

2015~2020年チャートf:id:tetsuinvest:20201117235201j:image

 赤 VOO    青 VTI

年間平均リターン

VOO 10.3%

VTI   10.1%

年間平均リターンVOOには若干劣りますが、ほぼかわらない状態です。今後、小型企業が伸びていけばVTIのほうがリターンは高くなる可能性はあると思います。

 米国株は手数料最安値DMM株↓

tetsuinvest.com


f:id:tetsuinvest:20201118000127j:image

VTIは米国市場の株式にまるごと投資できる長期投資にオススメできるETFです。米国だけでなく世界の経済を牽引するGAFAMを中心に今後も成長を続けていけるだろうと考えています。また、小型企業の成長が長期的によいパフォーマンスすればS&P500(VOO)のリターンを上回る可能性は充分にあると思います。

VTIの価格は約184ドルと少し節約すれば毎月コツコツ積立て投資ができますよ。

積立てNISAでは、楽天VTIです。100円から投資可能です。

tetsuinvest.com

 

・投資は自己責任で