テツのお金Diary

節約投資家テツFIREを目指し米国株を中心に投資しています。テツの生活、考え、参考にしていることをブログにしました。

【新興国株】シンガポールETF

節約投資家テツです。

 

米国を中心に投資をしていますが、まだの可能性がある国への投資も必要となってくると考えています。

 

今回はシンガポールの投資について考えてみました。

f:id:tetsuinvest:20201220165412j:image

  • 経済成長率

シンガポールの経済成長率は2018年(前年比)3.1%です。日本の経済成長率0.8%よりは高く、他のアジア諸国ではやや低くなっています。1人当たりのGDPは64580ドル前後になります。

 

  • 人口増加率

シンガポールの人口は約570万人で、世界でも114位と人口は多くないです。日本は1億2000万人程度なので約22倍の人口になります。人口増加率は0.5%となっています。

 

シンガポールに投資できるETF

【EWS】

運用会社   ブラックロック

価格               21.5ドル

経費率           0.50%

配当率           3.32%

 

セクター順位

1 金融      43%

2 不動産  23%

3 資本財  14%

4 通信        7%

5 消費財    5%

 

2015~2020年チャートS&P500とVWOとEWS


f:id:tetsuinvest:20201220163440j:image

橙 VOO  青 VW 赤 EWS

 

年間平均リターン

VOO   12.1%

VWO    5.7%

EWS  -0.04%



f:id:tetsuinvest:20201220164201j:image

シンガポールは1人当たりのGDPは、日本を上回り東南アジア金融の中心となっています。タックスヘイブンといわれ税制面でも恵まれ世界の企業がシンガポールへ進出していることから今後も経済成長が見込めるのではないかと考えています。ネガティブな要因は人口の増加率が低いことでしょうか。