テツのお金Diary

節約投資家テツFIREを目指し米国株を中心に投資しています。テツの生活、考え、参考にしていることをブログにしました。

【考察】S&P500だけでよいのか?

節約投資家テツです。

 

S&P500(voo) 2011~2020年
f:id:tetsuinvest:20210102023610j:image

米国投資家の平均リターンとしても用いられるS&P500ですが、個別株に投資している投資家でも長期的に勝つのは難しいといわれています。


f:id:tetsuinvest:20210102023214j:image

世界一の投資家、ウォーレンバフェットは次のように発言しています。

現金の10%を米国短期国債に90%を低コストのS&P500インデックスファンドに投資しなさい。

 

S&P500に投資をするだけでお金持ちになれる。これは、投資をしている人の中では常識かもしれませんが、これを知らない日本人は沢山います。人生損しています。

具体的にいえば、積立てNISAでは

・emaxisslim米国株式(S&P500)

楽天VTI

ETFであれば

・VOO

・VTI

のインデックスファンドに長期投資をすればよいです。

投資をしていない人はこちらに投資をしていけば長期的にはお金持ちになれる可能性はあります。

 

ただ、1億円の資産を築きたいのであれば(年間平均リターン10%で計算)

毎月10万円で23年間

毎月15万円で19年間

毎月20万円で17年間

の時間がかかってしまいます。平均年収サラリーマンには無理でしょう。

特に家庭を持てば、生活や子育てにお金が必要になり投資できるお金は少なくなるでしょう。子育てが終わってから全力投資しても遅いですし、人生も楽しめないでしょう。

(独身の時に無駄遣いしないで、早めに投資を始めましょう。)

 

ですから、どこかでリスクをとりにいく必要があります。

勝負をしなくてはいけません。S&P500にチマチマのんびり投資だけしても、20年後にはお金持ちになれていないということです。

(小金持ちになれる可能性は高いです。)